HOME > ヒプノセラピー(退行催眠療法)とは

ヒプノセラピー(退行催眠療法)とは

「ヒプノセラピー」又は「退行催眠療法」という言葉を聞いた事がありますか?

退行催眠療法(ヒプノセラピー)とは催眠誘導を通じて、潜在意識に直接働きかけることができるテクニックです。近頃ではテレビ等のメディアでも取り上げられる事が増えてきましたね。 前世療法や、インナーチャイルドセラピー幼児期退行等のセラピーは、全て、退行催眠療法一部になります。

私は催眠誘導を行い、貴方をとてもリラックスした状態に誘導します。

でも、催眠術とは全く違います。 退行催眠療法(ヒプノセラピー)の最中に感情をコントロールされたり、無理やり操られるような事は絶対にありません。 そう、退行催眠療法(ヒプノセラピー)は、決して恐いものではないのです。

顕在意識と潜在意識について

潜在意識(せんざいいしき)顕在意識(けんざいいしき)という言葉を聞いた事があるでしょうか?

私達が仕事をしたり、日常生活を行う上で使っている意識を顕在意識と呼んでいます。疲れたなぁ・・と感じたり、時間に追われて焦ったり・・と普通の状態の意識の事ですね。
そして、潜在意識とは、日常の意識が休んでいる状態の意識の事です。つまり、無意識でボーっとしている状態や、夢を見ている時の意識。。。

何となく悪い予感や胸騒ぎがしたり、虫の知らせ?と感じることがあったり、たまたま、「○○ちゃん、元気かなぁ?」と思い出した後で、その人から連絡が来たり…。 そんな偶然ってありますよね、それを直感とも言いますね。

そう、直感って何処から来ると思いますか?
その直感が来るところが潜在意識だと言われています。

でも潜在意識は潜む(ひそむ)と言う文字からもわかる様に、普段は潜んでいる意識なので私達は通常では潜在意識を利用することは、なかなか出来ませんよね。

ヒプノセラピー(退行催眠療法)では、軽い催眠状態に誘導する事によって顕在意識を休ませます。そして、潜在意識に直接問いかける事が可能になります。

ヒプノセラピー(退行催眠療法)の最中は自分が何を喋っているのか、何を感じているのかは自分自身でわかりますし意識も記憶もハッキリある状態です。だから自分が誰かに操られてしまうのでは?と言う心配はしなくても大丈夫です。もちろん話したくない事を勝手に喋ってしまうかも…という心配もいりません。 (詳しい説明についてはセラピーに関してよくある質問各種セラピーの体験談を御覧くださいね)

ヒプノセラピー(退行催眠療法)のセッションについて

ヒプノセラピー(退行催眠療法)では、あなたが抱えている問題の原因を探るために幼児期退行(インナーチャイルド)前世療法(過去世退行)を実施します。
(更に進んで胎児期(バースビジョン)未来世療法ハイヤーセルフセッションになる場合もあります)

そして今、ナゼ、貴方がその問題に直面しているのかという理由を私と一緒に探って行きます。
(詳しい内容についてはヒプノセラピー(退行催眠療法)の詳細をご覧下さいね)

意識はハッキリあるのに、自分でも思いも寄らないようなストーリーや体験をするかもしれません。そして、その体験やその時の感情を癒すことによって問題解決につなげます。

多くの人はセッション後に「今の自分に必要な事が何なのか」と言うことに気付きます。
そう、ヒプノセラピー(退行催眠療法)とは気付きを促すセラピーとも言えます。

ヒプノセラピー(退行催眠療法)後は、自分自身では意識して無くても、エネルギーは変化していきます。
あなた自身の性格が徐々に変わってきたり、今まで不安だった事を不安に感じなくなっていったり…
あなたの周囲の環境が変化していったりします。

それはあなたのエネルギーが癒されて変化したサインかも知れません。

ヒプノセラピー(退行催眠療法)を受けた後で、「あれっ?何でこんな事が起きたのかな?」「何で急にこんな物に興味を持つようになったのかな?」と感じる事もあるようです。

セッションの時に感じた事や思った事と、日常生活がリンクするケースも多いようです。

そ・し・て・・・
セッションの成功させるために何よりも大切なのは、あなた自身が「自分を変えたい!」「自分と向き合いたい!」という気持ちと、セラピスト(私)との信頼関係です。あなたの胸に溜まっていること、不安なことは、全部私に伝えてくださいね。

金のうさぎセラピールームでは、退行催眠療法(ヒプノセラピー)についての説明や、カウンセリングの時間、その他質問等の時間を長めに設けていますので、初めてなので恐い・・・ちょっと不安。。って思っている人も大丈夫。安心してくださいね。

ただ、忘れて欲しくないのは、退行催眠療法(ヒプノセラピー)はなんでも解決できる「魔法の薬」ではないということ。

セラピーを受けることで、体質が改善される人もいらっしゃいますが、基本的に退行催眠療法(ヒプノセラピー)は「自分自身と向き合うためのツール」の一つなのだということは忘れないでくださいね。

  • 現在、精神科や、心療内科から処方されたお薬を服用されている場合は、予約をお受することは出来ません。当セラピールームでは扱えない問題のため、医療機関での治療を優先されることをお勧めします。
    現在、うつ病、統合失調症、ボーダーライン等の症状があるばあいも、予約をお受けすることは出来ません。医療機関での治療を優先してください。「通院中だけれど、どうしても施術を希望したい」という方は、担当医の許可をもらった上で、お申込ください。
  • セラピーでは、自分の意思で、自分自身を変えよう、又は、変えたい!と思う気持ちが大切です。セラピーを受けるだけで勝手に問題が解決することを期待している方や、努力しなくてもセラピストが問題を解決してくれると思っている方など、依存傾向が強いと判断させていただいた場合も、お断りすることがあります。
  • セラピーやカウンセリング、ヒーリングは、医療行為ではありません。 「診断」や、「診察」、「治療」は行えませんので御了承ください。「診断」、「診察」、「治療」を希望される方は、医療機関へ行かれることをお勧めします。
  • 自分の意思ではなく、他者に強制的に勧められてセラピーを希望している場合も、お断りさせていただきます。
ページトップへ